マンション内同棲

憧れている「同棲」スタイルがある。
それは結婚していても、同じマンション内で別居をすることだ。
互いに25平米くらいの狭いワンルームや1KDの間取りに住み、旦那の家は主に書斎とリラックスの役割にしておき、それに使う荷物やスーツなどを置いておく。

一方、私が住む家は、女の一人暮らしと同じような状態。
キッチンツールや掃除道具はこちらにすべて置いておき、洗濯もこちらで行う。
もちろん、子どもが生まれたら、子どもはこちらの部屋にいる状態にする。
こちらのベッドは大きなサイズにしておき、子どもと一緒に寝たければ旦那はこちらに来れば良い。
仕事に集中していたいのに、またはせっかくの休みの日なのに、子どもの夜泣きなどで遮られてしまうといけないので、このライフスタイルに私はとても憧れている。
料理も作るが、どちらの家で食べるかどうか確認して、場合によっては彼の部屋の方に運ぶ。
そうすれば、彼の部屋のキッチンは生ゴミが一切出ない。
彼が仕事に出ている間に出入りすることの了承を取り、トイレと風呂掃除や布団干しをしておき、切らしているものがあれば私の部屋から足す。
まるで、ハウスキーパーのようだが、忙しい男にとっては妻の存在は「業者」の扱いで良いと思う。
私の家事労力が2倍になることは構わないが、当然、家賃や水道光熱費も2部屋分かかってしまうのがデメリット。
しかし、ある程度の独立した空間があることで、旦那も仕事に100%の姿勢を向けることができる。
味気ないかもしれないが、広いマイホームよりも通勤に便利な都会でワンルーム二軒分の暮らしは合理的で良い選択だと思う。

食肉卸店から通販で入手
最高のさまざまな食肉を通販で個人限定でセット販売。パーティーやバーベキューに。
meat-kimura.co.jp/

«
»